北海道札幌市の建設業申請の専門相談

奥田行政書士ブログ
建設業申請あらかると

建設業申請で難しいこと

建設業の許可申請において、常勤役員等(旧経営業務管理責任者)や

専任技術者の証明などで、実務経験や工事の経歴を添付する機会が多いです。

例えば建設業の業種である電気工事を取得する場合は、二種の電気工事士の場合は

実務経験が3年間(36ヶ月)必要になる。

私たちは、会社さんから、過去の請求書などを大量に借りてきて「電気工事」

を探しだし、通帳で入金確認をして、せっせと3年分の実務経験を証明してゆく

のですが、これが、たいへん難しい・・・・

 

なぜなら、お客様は

建設業の取得を考えて請求書を作ってないから

 

みなさん、その工事をやっていた当時は夢中で仕事をしてきたのです。

建設業のこと考えて、建設業の申請が通りやすいように請求書を発行したりとか、

証拠書類を集めていた なんてことはないわけです。

また、建設業を始めて駆け出しの時は、下請け工事ばかりで、請求書の作りも甘い

建設業では御法度な、「人工貸し」的な記載もしてしまうのです。きちんと請負で

入っているのにです。

 

建設業申請は、要件がきちんと整っていれば、誰でも簡単にできてしまう。

しかし、会社さんの色々な事情に考慮し、整っていない要件をどうにかしようと

するところに、

この仕事の難しさがあると、いつも考えています。

 

・・・今日は愚痴っぽくなってしまった・・・

ごめんなさい。今後気をつけます。

 

 

投稿日: カテゴリー 建設業許可いろいろ

御神輿(おみこし)

 

みなさまこんにちわ。。。

本日お客様のところへ定期監査へうかがったら、

事務所に御神輿が置いてあります。

 

営業をやめてしまった札幌市内の某デパート出身の御神輿さまです。

詳細に観察しましたよ。僕こういうの大好きだから。

 

・・・・・以上です。

 

 

 

 

投稿日: カテゴリー 休憩所(日々のこと)

法人替と譲渡及び譲受け(続報)

みなさんこんにちわ。

以前このブログで紹介した新しい手続きである「譲渡及び譲受け」に関する続報。

 

・・・結果として、失敗しました。。。

 

申請後、2ヶ月待たされましたが、道庁から電話が来て、「今回の譲渡及び譲受け」は認められないことが決定したので、「法人替」の手続きに切替えてくれと言われました。

認可が下りなかった理由として、道の担当官は、この手続きは「認可」なので、

「法人が設立する前に相談&申請が必要だった」と仰っていました。

確かに「認可」というものは、「許可」と違い、そういう性質を持っています。

しかし、疑問が残ります。

1,予め申請を出した場合に、本当に「譲渡及び譲受け」は認可されたのか?

⇒つまり、今回の法人成りが「譲渡及び譲受け」と認定されていたのかが分からない。

2,もし、法人成りで使えない手続きだとした場合、M&Aという特殊なケースでしか使えないことになるが、その解釈で良いのか?

⇒いろいろ聞いてみましたが、前例が少ないらしく、明快な答えは得られませんでした。

3,M&Aや相続という特殊なケースでは、あらかじめ認可申請できないケースもあるだろう。その時、この「譲渡及び譲受け」は本当に役に立つ手続きなのか??

 

お客様には、今回の認可申請は、どうも分からないことが多いから、もしかしたら

後から普通の申請に切替えよと言われる可能性も説明していましたので、大事には

至りませんでしたが、なんとも分からないままの申請になってしまいました。

 

僕は、こうした「分からない状態」には、トコトン突っ込んでゆくタイプですので、また、何か分かったらご報告します!!

 

投稿日: カテゴリー 建設業許可いろいろ

あけましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

今年の抱負は、例年どおり「結果を出す事務所であること」です。

 

近年、混迷の時代になったなと思います。

今日通用した常識が、明日は全く逆な世界のような・・・。

 

こんな混沌とした時代だからこそ大切にすべきものは、

しっかりとお客様のために働くこと。

おのれのことよりも、結果にフォーカスしていること。

そんなことを考えています。

本年もよろしくね!!

 

令和4年1月吉日

行政書士 奥 田 真 悟

 

投稿日: カテゴリー 休憩所(日々のこと)

ごあいさつ

みなさん。

今年も大変お世話になりました。

今年は、世界の価値観というか、いろんなことが

変わっちゃった年でしたね~~

 

僕思うんです。

こんな時代に自分は何が出来るかなって。

でも、何もできないんですよ。ただ一つ言えることは・・・

「今日ベストを尽くすこと!!」

未来予測が出来ない時代にあって、近視眼的ではあるけど

今日ベストを尽くすことしかないのかな、と感じています。

 

来年の奥田行政書士事務所の目標ですが、例年どおりです。

結果を出す事務所であること

 

みなさま良いお年をお過ごしください。そして来年また

元気に会いましょうね

 

 

 

令和3年12月31日

 

行政書士 奥田真悟

 

 

投稿日: カテゴリー 建設業以外